肝臓と膵臓がどのように関係するのか

肝臓と膵臓

 

インスリンを作る役割をするのが膵臓ですが、糖尿病において肝臓も大事な役割を持っています。
人間の体は常に血液中の糖分をチェックしており、
血液中の糖分の濃度である血糖値が下がったとき、肝臓は糖分を合成して血液に送ります。
逆に血糖値が上がったときは肝臓の細胞のなかにしまっておき、血糖値が下がったときに備えます。
このような仕組みにより、食事は一日に数回しか取らなくても、
極端な低血糖や高血糖にならずに済みます。
つまり肝臓は「貯蔵庫」の様な働きをしているわけです。

 

次に膵臓です。
最初は血糖値が高くても、膵臓はインスリンをつくることが出来ます。
しかし、高血糖値が続くとある時を境に膵臓はインスリンの分泌量が低下してしまいます。
このような膵臓が疲弊してしまう状態を「膵疲弊」と呼びます。
一方、インスリンが大量に分泌されたために、細胞のインスリン抵抗性は増して行きます。
そのため体はインスリンの反応が弱まり、
さらにはインスリンが不足している非常に危険な状態に陥ります。
これは糖毒性と呼ばれるもので、
糖が栄養ではなく毒になってしまうかの様な悪循環
です。
そして糖尿病の治療薬も効きにくくなってしまうのです。

 

>>糖尿病が悪化すると腎臓にダメージを与えます