現代日本の糖尿病統計データ

日本の糖尿病データ

 

今の日本は糖尿病となり治療を受けている人、
検査数値から糖尿病予備軍の人が年々増加している傾向にあります。
そしてそのスピードは上がっています。

疾患患者数
  1. 高血圧 約800万人
  2. 歯に関する治療 約600万人
  3. 糖尿病 約250万人
  4. 悪性新生物(がん) 約150万人
  5. 脳血管疾患 約130万人
  6. 白内障 約90万人
  7. 喘息 約85万人

この数値では、糖尿病は少ないように思えるかもしれません。
しかしこの数値は糖尿病と診断されて、医療機関で治療を受けている人の数字です。

 

糖尿病と診断されても治療を受けない人、
人間ドックや健康診断で高血糖と診断されてもそのままにしている人などは含まれておりません。

 

また検査を受ける機会がない人、自分の身体を把握していない人もたくさんいると考えられます。
その数は・・・
糖尿病が強く疑われる人・・・800万人
糖尿病の可能性が否定できない人・・・1200万人

と実は日本で1番患者数として多い病気は糖尿病なのです。

 

糖尿病の怖さは、高血糖の状態が続いても、病気のような症状がでないことです。
体調が悪いなと感じたときには、
高血糖による合併症として他の病気が引き起こされている可能性が高いのです。

 

高血糖と診断されても・・・
病気ではない、体に変調をきたしていないということで、
治療を受けない、生活を改善しないということはやめましょう!